お知らせ

開催概要

文化庁メディア芸術祭新潟展
「記憶と記録のモノ潟り」

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ。
「記憶」と「記録」が響き合う、21日間の「モノ潟リ」。

 文化庁メディア芸術祭新潟展では「記憶と記録のモノ潟り」をテーマに、「文化庁メディア芸術祭」の受賞作品を中心に紹介します。
 芸術作品は、作家の記憶が込められていたり、作家による記録であったりします。そしてそれは同時に、多くの人々が共有している記憶や記録でもあります。記憶や記録は互いに影響しながら、物語として現在まで紡がれてきました。
 また、「新潟」という地名にもある通り、新潟には日本一の長さを誇る信濃川など豊かな自然により、多くの「潟」が存在し、様々な生活や文化が育まれてきました。
 本展覧会では、「潟」で育まれた文化のように多様な表現方法をもつメディア芸術作品を新潟市内各会場で紹介します。それらの記憶や記録とともに新たな「モノ潟り」が紡がれ、次の時代を予感させる機会となるでしょう。

会期
平成28年10月10日(月・祝)〜10月30日(日)
入場料
無料
会場
《メイン会場》 COZMIX ビル / 新潟市旧齋藤家別邸 / 旧市長公舎 安吾 風の館 / 新潟市マンガの家
《サテライト会場》 フルマチ・アートスタジオ / 国際映像メディア専門学校 実習棟 / NEXT21アトリウム
主催
文化庁
共催
新潟市、新潟大学
後援
新潟市教育委員会、公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団、公益財団法人 新潟観光コンベンション協会、
NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、新潟日報社、
朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、日本経済新聞社新潟支局、
エフエムラジオ新潟、FM PORT79.0、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津
協力
国際映像メディア専門学校、新潟トヨタ自動車株式会社
事務局
文化庁メディア芸術祭新潟展事務局(株式会社 新宣)
〒950-0078 新潟市中央区万代島5-1万代島ビル16F
TEL 025-243-7040(土日祝を除く9時~18時)
Email : media_arts_niigata@shinsen.biz

文化庁メディア芸術祭とは

文化庁メディア芸術祭
文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。平成9年度(1997年)の開催以来、高い芸術性や創造性を持つ優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の展示・上映や、シンポジウムなどの関連イベントを実施する受賞作品展を開催しています。また、受賞作品を中心に、優れたメディア芸術作品を総合的に紹介する展覧会を国内外で開催しています。