お知らせ

新潟展 閉幕

2016年10月31日

10月10日から30日まで開催しました「文化庁メディア芸術祭新潟展」ですが

昨日終了いたしました。

多くの方にご来場いただきましてたいへんありがとうございました。

本日 開催最終日

2016年10月30日

10/10に開幕した文化庁メディア芸術祭新潟展も早いもので、本日最終日となりました。

新潟市内6つの会場で開催しておりますので、まだ全ての作品をご覧になっていない方は足を運んでみてください。

新潟は本日快晴でちょっと肌寒く、本当に秋らしい一日。

たくさんのご来場お待ちしております!

イベント開催報告

2016年10月30日

10/29(土)は2つのイベントが開催されました。
COZMIX ビルでは出品作家でありキュレーターでもある映像作家・坂上直さんと映画批評家である北小路隆志さんによる対談「風景・場所 そして記憶」を開催。
また、安吾風の館では、マンガ家・近藤ようこさんと文筆家・千野帽子さんによる対談「マンガと文学-ふたつの想像力」を開催しました。
いずれのイベントも多くの方々にご来場いただきまして本当にありがとうございました。

image4 image1 image3 2016-10-29-14-04-08 2016-10-29-14-07-11 2016-10-29-14-52-51

 

〔告知〕 新潟展 最後のイベント2本

2016年10月27日

10/10に開幕した新潟展も、早いものでのこり4日間となりました。
これまで多くの方にご来場いただきましてたいへんありがとうございます!
さて今週末10/29(土)は、作家の方をお招きしてのトークショーを2つの会場で開催いたします。
新潟展最後のイベントです。ご来場お待ちしております!


〔対談〕 坂上直 × 北小路隆志「風景・場所 そして記憶」
○出演 坂上 直(映像作家)、北小路 隆志(映画批評家)
○日時 10月29日(土) 13:00 ~ 14:00
○会場 COZMIX ビル
○参加 無料
旧新津市出身の映像作家・坂上直と、映画批評家・北小路隆志の対談。
代表作である「その家の名前」の制作過程や、
新潟あるいは地方で作品制作を行うことの可能性について考察します。


〔対談〕 近藤ようこ×千野帽子「マンガと文学ーふたつの想像力」
○出演 近藤 ようこ(マンガ家)、千野 帽子(文筆家)
○進行 石田 美紀(新潟大学人文学部准教授)
○日時 10月29日(土) 14:00 ~ 15:00
○会場 旧市長公舎 安吾 風の館
○参加 無料
坂口安吾、津原泰水、折口信夫、夏目漱石等の多くの文学作品をマンガ化し、
独自の作品世界を作り上げてきた近藤ようこ。
近藤の創作に、文筆家の千野帽子が迫ります。

イベント開催報告「ユング監督トーク」

2016年10月25日

10月22日(土)COZMIX ビルで「ユング監督トーク~ベルギーと韓国の間で~」が開催されました。

本展に「はちみつ色のユン」を出品いただいているユング監督のトークに大勢の方が集まっていただき、 原画や映像をご覧いただきながら、最後には来場者からの質問に答えていただくなど、100分という時間を感じさせないあっという間の時間でした。

皆様ご来場ありがとうございました。

2016-10-22-13-23-58 2016-10-22-13-23-12 2016-10-22-13-40-10 2016-10-22-14-06-17