若ハゲ・薄毛が原因で辛かった体験談まとめ|髪が薄いことで起こった辛い出来事

【29歳男性:高いお金を払ったのに大した効果も得られなかった】
私は中学生の頃から抜け毛に悩んでいました。

高校を卒業して一人暮らしになり抜け毛のことを本格的にどうにかしようと思いました。

そこで一番有名だったリー◯21に通うことにしました。お金もなくて借金をしなければならなかったので一番安いコースを申し込みました。

リー◯21には月に2回くらい通って施述してもらうのに加えてホームケアが主なものでした。

シャンプーから育毛剤まで一式購入しました。

よく覚えていませんが電気マッサージのような機会も購入しました。

そして家での食事を毎回写真いとるように言われました。

しかし3ヶ月くらい経ってもなんの改善も見られませんでした。

月々の支払いもきつくなったので途中で解約してしまいました。しかし今まで使用した分のお金は払い続けました。

リー◯21で髪が生えて着た人は相当な努力をしているのか体質的にあっていたのだと思います。

リー◯21を初めて訪れたときは無料体験でした。

その時は若いお姉さんがとても丁寧に施術したり相談に乗ってくれました。

しかしいざ契約をしてから通うとそのお姉さんには一度も背述してもらえず、無愛想で雑な係りの人ばかりが担当していました。

きっと初回の無料体験の時は綺麗で優しいお姉さんを用意して入会させようとしたのだろうと推測しました。

私は未成年でしたので借金のことも親にバレてしまい、とても辛い思い出しかありません。

若い頃だったのでみんなが使っているような可愛いいい匂いのするシャンプーを使いたかったです。

それなのに匂いのきついシャンプーを買わされてそれを使っていました。

自分だけ周りの人とは違うんだなと思わされました。そして高いお金を払ったのに大した効果も得られませんでした。

なんのためにリー◯21に入ったのだろうと思いました。

私は若かったのになんの説明もなしにローンとい名の借金を背負わされました。

やはり高いお金を払っても抜け毛が改善されなかったので一度抜け毛が進行してしまうと、なかなか治療することは難しいのだなと実感しました。
【37歳男性:小さな子供からは面と向かってハゲと言われる】
私は30歳を過ぎた頃から徐々に髪が薄くなりはじめ、37歳となった今ではすっかりM字ハゲになってしまいました。

M字ハゲになった原因は仕事のストレスも大きいと思います。

M字ハゲになってからは周囲の視線が気になるようになったので、ますますストレスを感じるようになりました。

そのため、プライベートで外出する時はなるべく帽子をかぶるようにしています。

しかし、帽子をかぶるとそれに合わせて服を選ばなければいけないので、これまでのように自由にファッションを楽しむことができなくなりました。

また、帽子に合わせて服を買い替えたので、金銭的な負担も馬鹿になりませんでした。

さすがに大人からは面と向かってハゲと言われることはほとんどありませんが、小さな子供からは面と向かってハゲと言われることがよくあります。

特に5歳の甥っ子は私を見るといつもハゲと言って馬鹿にしてくるのでとても腹が立ちます。

さすがに5歳の子どもに対して本気で怒るわけにもいかないので、作り笑いを浮かべながら冗談っぽく怒るようにしていますが、内心では手をあげそうになるのを必死に我慢しています。

そのため、盆や正月などの甥っ子と会わなければいけない時は、髪に悪いとわかっていてもストレスを解消するためにどうしても深酒をしてしまいます。

髪が長いとかえって薄毛が目立つので、私は髪型を坊主にしています。

しかし、坊主にすると夏は暑く、冬は寒いですし、こまめにカットしないとすぐに変になってしまいます。

そのため、私は3~4週間に1回くらいのペースで自分でバリカンを使って坊主にしているのですが、自分で坊主にすると準備と後始末が面倒くさいです。

また、私はどちらかと言うと童顔で頭の形も悪いのであまり坊主が似合いません。

そのため、美容院でM字ハゲでもカッコいい髪型を注文したこともあるのですが、カッコいいどころが変としか言いようのない髪型にされてしまったので、それ以来私は坊主以外の髪型にはしないようにしています。
【43歳男性:頭頂部はスカスカで悲しいくらいカッパ】
43歳で営業をしていますが、職場でのストレスのせいで30代中頃から頭頂部の薄毛が気になってきました。

最初の頃はまだまだあるから大丈夫だと自分に言い聞かせてきましたが、床屋で頭頂部の部分をカットされたときに明らかに薄いことを自覚してしまいました。

上手な床屋さんは頭頂部の薄毛の部分を上手にカバーしながらカットしてくれるのですが、そうでない人はバッサリ切ってしまうようです。

最後にこの髪型でいいですかと確認されたときに、頭頂部を切りすぎですと言いたかったのですが、言っても悲しくなるだけなので大丈夫ですと答えました。

短くカットされて、しかもスキばさみも念入りに入れられてしまった結果、頭頂部にふれると直接地肌にふれているような感じになっています。

今までは地肌にふれてもなんとなくシワがあるなあ、程度にしか感じませんでしたがカットされた後は頭皮に直接触れて縦じわが何本あるのか、まで知ることができます。

マンションのエレベーターには天井に防犯カメラが設置されていて、その映像がボタンの上の部分で確認できるのですが、そこに映る自分の頭頂部はスカスカで悲しいくらいカッパに近づいています。

頭のてっぺん部分が薄くなってきたら、今度は前頭部も気になり始めました。

鏡をよく見ると昔よりもかなり額が後退していて、さらに剃り込みも深くなっているように感じます。

剃り込みがこれ以上深くなるといわゆるM字ハゲになるのではないかと心配しています。

M字ハゲといえば笑福亭鶴瓶さんですが、彼の頭はよく見ると頭頂部も髪の毛がないのではないかと思います。

私の頭もゆくゆくはあのようになるのかと考えるだけで憂鬱になります。

ただでさえ仕事が忙しく、気分が落ち込む日も多いのに、追い打ちをかけるように自分の頭が鶴瓶師匠になっていきます。

薄毛は現在も進行していて、止める手立ては今のところありません。

いっその事、かっこいい丸刈りにして海外の薄毛の人みたいにできないか考え中ですが、日本人が短髪にしても欧米人のようにかっこよくなるのか不安なのでノーマルなヘアースタイルを維持し続けています。

出産後は女性ホルモン量の影響で抜け毛が増える|産後の薄毛の体験談記事まとめ